妊。

2016年04月25日

退院、そして2週間。

20日、母と旦那さんが迎えに来てくれて、
無事退院しました。

帰りに、手術で取り上げてくださった助産師さんにご挨拶していたら、
別れ際は何だか泣けちゃったなぁ。
夜中に授乳室で色々お話聞いてくださったり、心身共に支えて頂いて、
この助産師さんが側にいてくれて良かった、と改めて思いました。

我が子を連れて自宅に到着しましたが、
慣れない環境に戸惑っているようで、最初は特に大変でした。
病院にいた時とは様子も違うし、泣き方もおかしい。
デリケートなんだなぁ。

少しづつではありますが、環境にも慣れ、
私自身も助産師さんのいない生活にも慣れ、(助産師さんが恋しい…。)
新生活がスタートしておりますが、
プールで体力つけておいて良かったな…とつくづく思います。

はー、まずは首すわりまで踏ん張らねば。

と、奮闘してオムツ替えしていたら、
生後14日目の本日、めでたく臍の緒が取れました!
1つ階段上った気分だね♪

asako_dr at 22:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月18日

祝い膳

お世話になっている病院は、基本は完全母児同室。
ですが、帝王切開だったこともあり、
最初の2~3日はほぼ預かってもらっていました。
痛みが少しづつひいてきて、それと同時に少しづつ一緒にいる時間を増やしていっています。

おかげさまで今日で産後7日目。
思っていた以上に一回の授乳で体力が奪われるんだな…とか、
授乳も色んなコツがあるんだな…とか、
沐浴は想像以上に格闘技だな…とか。笑
一筋縄ではいかないことだらけですが、
日に日に可愛さが増していき、いとおしさでいっぱいです。


今日は夕食に祝い膳。

image

毎日ゴージャスなご飯にテンション上がってますが、
今日は一段と!
お赤飯食べたかったので嬉しかった~。

しかし、ご飯到着と同時に、ミルクを飲んだばかりの姫が暴れだす。
「私にもお祝いを!!」と言わんばかりに求めてくるので、
追加で祝いミルクをプレゼントしときました。
したらば、ものすごい勢いで飲み干し、即爆睡。

食べ物への執着はしっかり親からもらってくれたかな~。
よく飲んで、よく寝て、よく出して(笑)くれて、
本当に頼もしい限りです。

退院まであと少し。
家に帰れる嬉しさと、帰ってからの生活の不安と半々ですが、
奮闘していきたいと思います。
ドキドキの母ちゃん業が始まるなぁ!

image


asako_dr at 20:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月15日

ギャップがすごい。

病院での食事の話。
ここの病院はご飯が美味しいと聞いており、
どんな感じかな?と思っていたらば。

これは流動食。
術後2日目の夜と翌朝。
液体まつりです。液体だらけのご飯にお茶までついてきます。
1日半、何も食べていなかったので、
重湯すら美味しく感じます。
でもメニューに「実なし」って書かれると切ない気持ちになります…。

image

image


その後、ちょっとづつ固形物。
5分粥。美味しい…。でも足りない…。

image

image


翌朝、10分粥!の予定が、メインは食パンに変更に。
固形物は嬉しいけど、お粥の方がかさ増しされてる感じがするので、
量が少なくてガックシ…。

image


そしてお昼からようやく産後食に!!
きゃー!スゴい!
お箸がない!ナイフとフォーク!
「白身魚の野菜詰めロースト 赤パプリカソースで」というメニューがまた!
流動食からのギャップにテンションが上がらない訳がありません!!

image


あとはふきのとうや独活が使われている季節のお野菜たっぷりの晩ご飯。
天ぷら盛り合わせは、天つゆが付いてたり。

image


朝ご飯が質素に思えるけど、これでも十分。

image


で、今日のお昼が「イベリコ豚のグリル グレイビーソース」!

image


何かホントにスゴいです。
お七夜に祝い膳が出る予定なんですが、
とてもとても期待してしまいます。

楽しみだなぁ!

・・・しかし、これで体重戻るのかしら。笑
そして私、結構入院生活満喫してます。笑

asako_dr at 14:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

出産

9日の夜、
いつもと変わらず「いつ産まれてくるのかな~♪」などと話しながら過ごし、
眠りにつこうかと寝る前にトイレへ。

そこで事態が急変。
大量の出血。
何事かと血の気が引くほど。

とりあえずは落ち着いて…と言い聞かせ、
トイレを出て「出血がすごい。病院行かなきゃ。」と旦那さんに報告。
そして病院に電話。
落ち着かなきゃと思うんだけど、電話の手が震えてしまう…。
「とりあえず今から来てみてください。」とのことで、
登録してあった陣痛タクシーに電話。
入院準備してあったカバンをもって、いざ病院へ。

タクシーの中で、頂いた御守り達を見ていたら妙に落ち着いてきて、
「これだけ守られているんだから、大丈夫。」と思えるように。

病院について、すぐに内診。
破水かもしれないし、胎盤の早期剥離かもしれない。
出血もおしるしかもしれないけど、それにしちゃ量が多すぎる。
すぐに原因は分からないけど赤ちゃんの心拍は元気そう。
とりあえずは経過観察のため、今日は入院しましょう、とのことで、
一泊過ごすことに。

10日、夕方まで病院で過ごし、
「出血も治まっているし、今のところは破水でも胎盤が剥がれてる感じも診られないから、
一旦帰っても大丈夫ですよ。不安だったらまだいても大丈夫ですし。」とのこと。
不安は不安なんだけど、子宮口も1cm程度しか開いていないし、
このままいても…。と悩み抜いて、一旦帰宅することに。

深夜からほぼ寝ずに過ごし、疲れきってしまったので、
自宅でお風呂に入って、ご飯食べて、早めの就寝。。

日付が変わる頃、何かが流れ出ている感じで目が覚める。
嫌な感じがしつつ、起きてトイレへ。
再び出血。 。

でも昨日ほどじゃない。
少し様子見…。とも思うけど、
ドロッとした出血ならそんなに心配ないけど、サラサラしている時はまたすぐに連絡を、と言われていて、
ん~…サラサラしているような。。

一人悶々としてしまったのだけど、
不安なまま夜を過ごせないし、何かある前にと旦那さんを起こして再び病院に電話。
「来てみてください。」と言われ、
再び陣痛タクシーで病院へ。

内診して「これ破水ですね。入院です。」と、部屋に案内される。

赤ちゃんの心音を確認しながら、
子宮口の様子も診つつ、一晩を過ごす。

このまま陣痛来るのかな。
出産になるのかな。
そんな思いで時間が過ぎるのをひたすら待つ。

11日、午後になって
「子宮口の様子も変わらないし、陣痛誘発促進剤使ってみましょうか。」
とりあえずは自然分娩目指して、点滴を開始。

開始して何分くらいの時だったんだろうか。
お腹が張った感じ。そして呼吸が締め付けられる。
陣痛なのか?
助産師さんがバタバタし始める。
どうやら赤ちゃんの心拍が下がってきたらしい。

すぐに落ち着きを取り戻しはしたんだけど、
先生から「緊急帝王切開しましょう。」と判断が下される。
その間に血液検査の結果も出ていたようで、
「お腹の中で炎症を起こし始めていて、あまり状態がよくありません。
そして破水しているので、このままだと赤ちゃんが外気に触れてしまう危険もあるので、
早めに出してあげた方が良さそうです。」と。

姉が緊急帝王切開だったこともあり、
色んな覚悟はしていたので、すぐに手術をお願いすることに。

14時くらいから手術室に入り、麻酔開始。
30分くらいして「◯◯さん、緊急カイザー行います!」の声。
腰椎麻酔なので、頭はしっかり起きている状態で手術が進んでいきます。
数分後、「お腹押しますよー!しっかり頑張ってください!」
「赤ちゃん出ますよー!」

「おぎゃあ、おぎゃあ…」と手術室に産声が響き渡りました。

「おめでとうございます!元気な女の子ですよー!」
の言葉に涙が止まりませんでした。

助産師さんが赤ちゃんの身体を拭いて、
私の目線に持ってきてくれて、初めましての対面。
ふにゃふにゃでちっちゃくて愛らしい。

ようやく安心して、再び涙が溢れ出ました。
「無事に産まれてきてくれて、本当にありがとう。」
の気持ちでいっぱいに。

手術も無事に終わり、新生児室に入った赤ちゃんの顔を見て病棟に移動。
旦那さんと顔を合わせ、
「赤ちゃん…おっさんみたいな顔してるね」と苦笑い。笑
でもこうして笑えるのも無事だったからこそ。
本当に本当に無事で良かったです。

後で聞かされましたが、
高位破水だったことと、胎盤が結構ギリギリの状態で脆くなっていて危なかったこと。
全てお腹の中からのサインだったんだね、そのサインに気づけて良かったね、一番いいタイミングで出てこれたんだと思うよ、と助産師さんに言われました。


・・と、長くなりましたが、
こんな感じで、4/11に3364gの女の子を出産しました。

image

名前はいくつか候補があり、顔を見てから決めようねってことにしていて、
顔を見て、旦那さんと私の意見がピタリと一致したので、
その名前に決めました。

これから家族3人の新しい生活が始まるんだなぁ。
お嬢ちゃん、どうぞよろしくね!

asako_dr at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月01日

38週

10ヶ月に入って2週間が経ちました。

9.5ヶ月はしんどいなどと言ったばかりですが、
10ヶ月は更にしんどいんだな・・と身に染みて感じております。

動悸はなくなりましたが、胃の圧迫は相変わらず。
9~10ヶ月にかけて、お腹の子は一気に1㎏も大きくなり、
お腹の見た目も迫力が出た気がします。
おかげで起きる、寝る、しゃがむ、立つ、などなど、
当たり前の動作がキツくなってきて、何より腰痛が酷くなったかなぁ。。
坐骨神経痛ってんですかね。
整体行っても1~2日は良いんだけど、足の痺れがすぐに出てきてしまう。

それ以外だと、お腹の張りも今まで以上だし、
恥骨痛やら股関節の痛みやら、
出産が近づいているんだなと思わせられる症状が多々。

全ての動きが鈍くなっていて、
何をするにも一苦労ではありますが、
あとちょっと!と思って乗り切りたいと思います。
ふー、頑張るぞー。


そうそう、周りの友達から産後にやりたいことは?などとよく聞かれます。
お酒飲みたい?音楽やりたい?と聞かれますが、
この辺に関しては我慢しているという感じもなく、
その時がくれば・・くらいに思ってますが、
一番やりたいことと聞かれれば「うつ伏せになって寝たい!」、これに尽きます。笑
自由な体勢で寝たいのよね~。それだけが待ち遠しいんだな。。

asako_dr at 17:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)